K-max Racingの活動記録

K-max Racingの活動記録

K-max Racingの活動記録です。色々記録していきます。よろしくお願いいたします。

このサイトはK-maxのチーム員が日々の奮闘をメモしています

スポンサーリンク

ARRC合同テストでK-max Racing 始動!!



 

ARRC合同テストでK-max Racing 始動

2017FIMアジアロードレース選手権(ARRC)スーパースポーツ600クラスに参戦を開始するK-max Racing Teamが、3月15・16日にARRC主催の合同テストに参加、本格始動した。

K-max Racingは、チーム代表兼監督の芳賀健輔と、ライダー芳賀紀行の兄弟によるチームである。マシンはYAMAHA YZF-R6(ダンロップタイヤ使用)を使用し、ゼッケン・ナンバーは、これまで芳賀紀行が長年使ってきた「41」を使用する。

ARRCはアジア5ヵ国を転戦し、全6イベント12戦で争われるシリーズで、4月最初の週末に開幕し、12月に最終戦を迎えることとなる。その開幕の半月前となる315日・16日の2日間、このシリーズ開幕の舞台であるマレーシアにあるジョホール・サーキット( 全長3.86km/コーナー数12)で合同テストが行なわれた。

世界選手権43勝を誇り、このアジアロード選手権シリーズへの参戦も今年で3年目を迎える芳賀紀行だが、今回の参戦は久しぶりのヤマハ、そして本人にとっては初のYZF-R6ということもあり、走行セッションはマシンの特性を探るところからスタート した。また、今回発足したチームもここから始動ということで、チーム内も含め、すべてが探りながらのテストとなった。

各走行セッションでは、頻繁にピットイン&アウトを繰り返し、じっくりとマシンのセッティングに注力した。マシンは大きなトラブルもなく無事に走行を終了。チームはこの結果を持ち帰り、開幕に向けた準備を進める。K-max Racing Teamデビュー戦となる開幕戦は、このジョホール・サーキットで331日~42日に開催となる。

 

 

芳賀紀行 | ライダー
「すべてがブランニューということもあって、前半の走行セッションではいろいろな確認とポジション合わせなどを進め、後半のセッションでセッティングを進めました。マシンの特徴はつかめましたし、最初にしてはなかなか良かったのではないか と思います。レースウィークにどこまで詰められるかというところだと思いますが、気心の知れている人たちとのチームで雰囲気もいいので開幕戦でいい結果が残せるように頑張ります」

芳賀健輔 | チーム代表兼監督
「初めてのマシンということもあり、各走行セッションでライダーに合わせていく作業を進めました。いろんなメーカーのマシンに乗ってきただけあって、紀行の瞬時に判断しセットを進めていく能力はすごいなと感心しました。まだまだ課題は多い ですが、レースに向けて変えるべきポイントは改善してレースウィークに臨みたいと思います」

 

2017年03月21日| |Edit

スポンサーリンク


K-max Racing 芳賀健輔と紀行兄弟でアジアへ



モーターサイクルプロショップ ケィマックス(愛知県名古屋市)は、2017FIMアジアロードレース選手権にK-max Racingでエントリーしたことを発表を致しす。当社代表の芳賀健輔がチーム代表兼監督を務め、ライダーには実弟の芳賀紀行が務めることを同時に発表いたします。
 

KMAX0003S

マシンはYamaha YZF-R6。タイヤはダンロップ。芳賀紀行のゼッケンナンバーは「41」です。

芳賀紀行は世界選手権43勝を誇り、日本を代表するライダーの一人です。2014年からアジアロードレース選手権に参戦をしており、今季で同シリーズ参戦3年目となります。チームはオール日本人で構成され、参戦1年目から上位を目指します。

チームは
315日~16日にマレーシアで開催される公式テストに参加をし、同じマレーシアで331日~42日に開催される開幕戦がデビュー戦となります。




参戦レース: 2017FIMアジアロードレース選手権シリーズ

参戦カテゴリー: スーパースポーツ600

ゼッケン: #41

チーム: -max Racing

マシン: Yamaha YZF-R6

タイヤ: ダンロップ


芳賀健輔 | チーム代表兼監督

「以前から紀行と一緒にやりたいと話しはしていましたが、彼の年齢を考えても、今しかないとチームを作ることにしました。ヤマハをはじめ、多くの方からの支援もあり、決断することができました。2年前からアジア選手権に出向き、シリーズを見て来ましたが、レベルも高く、やりがいがあるシリーズです。1年目から上位を狙って行きます!


芳賀紀行 | ライダー

「いい体制で走れれば、まだまだやれる自信はありますが、年齢を考えてもそう長くはベストでレースはできないと思い、兄とやることを決めました。兄も自分もファクトリーにいたヤマハを乗りますし、アジアも3年目となるので、優勝そしてタイトルを目指し頑張ります」


【 2017FIMアジアロードレース選手権暫定カレンダー 】

 第1戦 331-42日 マレーシア

 第2戦 413-15日 チャンインターナショナルサーキット | タイ

 第3戦 62-4日 鈴鹿サーキット | 日本

 第4戦 811-13日 セントゥールインターナショナルサーキット | インドネシア

 第5戦 106-8日 ブッダインターナショナルサーキット | インド

 第6戦 1130-123日 チャンインターナショナルサーキット | タイ

2017年03月20日| |Edit

スポンサーリンク


Copyright © K-max Racingの活動記録 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます